鼻の下の毛穴 洗顔

鼻の下の毛穴にいい洗顔のやり方

毛穴をきれいに保つには洗顔が基本。洗顔と聞くとごしごしと念入りに洗うイメージですけど、毛穴にいい洗顔の方法があります。

鼻の下の毛穴にいい洗顔のやり方を紹介します。

 

 

 

まずは当然ですけど化粧をしているなら化粧をクレンジングで落としていきます。
洗顔の基本は毛穴を開かせ、毛穴の汚れを取ることですからまずは化粧を落とさなければなりません。

 

 

ただクレンジングは化粧を落とす目的のもの。洗顔とは違うことを意識しましょう。
化粧という人工的なもの落とす目的のクレンジング肌にとってはよくないものです。
ですから時間をかけてクレンジングするのではなく、できるだけ手早く済ますようにします。
Tゾーン→ほほ→目元、口元の順番でおこなうといいでしょう。

 

 

クレンジングで化粧を落としたら、顔にホットタオルをのせて毛穴を開かせましょう。
「ホットタオルなんて面倒!」と思っているならお風呂に入ってしっかりと体を温めましょう。
体を温めることで毛穴は自然と開いてくれます。ホットタオルを使うことなく毛穴は開いてくれます。
毛穴が開くと、毛穴に溜まっている皮脂や角栓が少しずつ浮き上がってきますので毛穴を開かせることはとっても大切なんですね。

 

 

 

毛穴が十分に開いたらまずはぬるま湯でその浮き上がってきた皮脂や角栓を軽く洗い流します。

 

次に、洗顔料を使います。洗顔料はしっかりと泡立てることがポイント。
市販の泡立てネットなどできめ細かな泡になるように十分に泡立ててから使いましょう。

 

 

そして、よく泡立てた洗顔料で洗顔をしていきます。洗顔のもクレンジングと同様ゴシゴシこすってはいけません。
ゴシゴシ洗顔は肌を傷つけ肌荒れの原因になります。指の腹を使い優しく撫でるように洗顔をしましょう。
毛穴が目立つTゾーンや小鼻、鼻の下は、時間をかけて泡を毛穴になじませるように洗顔していきます。

 

 

 

洗顔が終わったらぬるま湯を使って洗い流していきます。洗顔料が残らないように十分に洗い流してくださいね。
せっかく洗顔をきちんとしても残ってしまっては台無し。毛穴に負担をかける原因にもなります。

 

洗い流し終えたら清潔なタオルを使って拭き取ります。この時もごしごしこするのではなく、押さえるようにして顔を拭いてください。
顔を拭き終えたら化粧水で保湿をして終了です。

 

 

洗顔の方法1つで毛穴が目立つか目立たないかがだいぶ変わってきます。
毎日のことなので面倒ですが鼻の下の毛穴が目立たないようにするためにも洗顔はきちんと行ってください。

 

洗顔をきちんとした後は毛穴ケアをすることもお忘れなく。

 

⇒鼻の下のおすすめ毛穴ケア